パーソナルトレーニングジム BEACH BODYは名古屋市東区葵千種駅3分

血糖値スパイクが身体の血管を蝕む

<h3>血糖値スパイク</h3>

 

 

・インスリンの働きは近年、重要視され、特にダイエットの分野ではインスリンの働き抜きでは語れなくなってきました。体内に炭水化物(グリコース)が入ると、体内の糖の割合が多くなるため、体は膵臓からインスリンというホルモンを出し、糖を肝臓、筋肉に取り込み、体内の血統レベルを一定に保とうとします。

この時、注意しなければいけないのが食後血糖値が急上昇する血糖値スパイクです。食べ物に含まれる糖は食品、食べ合わせによって違い、空腹時から食べものによって、体内に糖が充満し、血糖値が急上昇することがわかってきました。急上昇した場合、血液中の糖を一定に保つ働きによって、今度は血統値が急降下し始めます。急降下したことによって、体内はまた血糖値を上げようと今度は糖を求める指令を出します。このよう、体内というのは

ホメオスタシスの働きによって、全ての活動、現象を一定に保とうと働きます。ですので、体にとっては急に糖を大量にとったり、極端に食べ物を食べず、空腹時間を長くとったり、身体にとっては負担が大きく、よくない行動だと言えます。

 

 

 

<h3>インスリの働き</h3>

 

 

 

・血糖値を一定に保つために大切なのは、食べ物の内容、食べる時間、食べる間隔です。

インスリンのホルモンは食品の中に糖が含まれなけれが働かないホルモンであり、極端な言い方をすれば、糖さえ入れなければ、血糖値の急上昇は避けられるということです。

血糖値はダイエットをする際のも重要であり、いかにインスリンをださないかがポイントになってきます。では愚痴的にインスリンを出さない食事とは何か・・

具体的には炭水化物(ご飯、パン、麺、)、野菜、炭酸飲料、ビールなど糖が含まれている食品は全てアウトです。絶対にとってはいけません。

では、何を食べるのか・・

お肉、葉っぱ系の野菜、脂肪系をメインにとっていき、極力膵臓からインスリンが出ないような食品を食べていきます。お肉はたんぱく質が多く、どれだけとってもインスリンは出ません。ですので、炭水化物をカットし、たんぱく質メインの食べ方に変えることをオススメいたします。

 

 

 

<h3>インスリンが出にくい炭水化物のとり方</h3>

 

 

 

 

・炭水化物も健康を維持していく上で大切です。ただ、血糖値の観点から炭水化物をみた場合、1食あたり、3040gい抑える必要があり、ご飯のお茶碗の3分の1に抑える必要があります。1日のトータルでは、120gまでに抑えましょう。最近では、アスリートでもケトン体質に変える目的で、高タンパク、超低炭水化物食に変える方が増えてきました。