BEACH BODYパーソナルトレーニングジム名古屋

柔らかい筋肉こそ価値がある

<h3>体が固いは老化の始まり、いかに柔らかい筋肉かが決めて</h3>

 

 

・身体を鍛えたり、持久力をつけたり、ストレングスの方にばかり意識が行きがちですが、年齢を重ねるごとに、本当はメンテナンスに時間をかけることの方が大切であり、メンテナンスにかけた事、時間が将来の美しさ、若さに対して大きな差をつけると思います。メンテナンスと聞くと、車や機械系統の事だけのようぬ感じますが、最も大事なのは自分自身のメンテナンスであり、筋肉を柔らかく保つ事は非常に重要であり、これからの価値観に必須な要素だと思います。

 

筋肉は年々弱くなっていくだけではなく、固く柔軟性も失っていき、結果関節の動きに頼るようになり、関節への負担が増えて、最終的には筋肉もなく関節も痛くなり、ダブルで悪くなってしまいます。

筋肉が硬くなるといいうことは、血管が圧迫され、体内の血液循環まで悪くなります。また、筋肉が固いと動きの連動性もなくなり、人間本来の動きを失い老化していきます。

赤ちゃっんの体、幼少期の頃の体は本来の状態であり、全体が自由自在に動き、体にかかる負荷を体全体で受け止めています。これに対して、体が硬くなってしまった状態では、特定の筋肉にのみ負荷がかかり、結果負荷のかかて

っている筋肉にのみダメージが重なり、筋肉は硬くなってしまいます。

 

 

 

<h3>メンテナンスには何が良いのか</h3>

 

 

 

・具体的にメンテナンスについてお話ししたいと思います。メンテナンスの考え方は2つあり、シンプルに体を休める休息型メンテナンスと回復を促すためんのメンテナンスがあります。

 

 

休息型のメンテナンスでは、休む事もパフォーマンスアップに必要な時間と考え、思い切って休みをとったり、睡眠時間をしっかりと取るようにして身体を回復させます。次に積極的メンテナンスでは、マッサージ、足つぼ、カイロプラクティック、整体にいき、血流を促したり、歪んだ骨格を調節したりして、体の骨を整えます。特に足つぼはオススメです。足裏には、体のそれぞれの反射区があり、そこを刺激することによって、臓器に信号を送り、働きを活発に戻します。また、足裏には老廃物が沈殿しており、この老廃物をかきだし、リンパに乗せて流すことによって、体の不調も減り、結果体が回復してきます。官有謀先生は、足裏をしっかり揉めば病気知らず、足裏の沈殿物が病気の原因と言われて見え、日本では、元資生堂の社長、ソニーの盛田さん、安倍首相が治療を受けており、今日でも官有謀先生を支持している方、学んでいる方が多くお見えになります。