名古屋 NO1パーソナルトレーニングジム BEACH BODY

がん細胞に付いて考えてみる

<h3>がん細胞について、どのようなものかを知る</h3>

 

 

・健康な人はがんがなったくないかといえば、けしてそのようなことはありません。がん細胞は、健康な人の体でも1日に5000個もできていることが分かっています。

がん細胞ができると、その都度退治しているのが免疫細胞です。免疫細胞は、ある細胞を見つけ、自分の細胞と違うと判断すると倒します。がん細胞はもともと正常な細胞から発生しますので、免疫細胞からすると異物と認識しにくいのです。それでも免疫細胞は、できたばかりのがん細胞を攻撃して死滅させます。私たちの体の中では、日々、がん細胞ができ、退治するということが繰り返されています。

 

がん細胞は、例えば1センチの大きさの中には10億個のがん細胞が含まれていると言われております。仮の1センチになるのに10年かかって、やっと検診で見つかったとしても、よく考えてみて下さい。このがん細胞は結果1センチの大きさになるまで、転移しなかったがん細胞であり、このような細胞は転移するだけの力がないがん細胞と言えます。

 

 

 

<h3>眠っているがん細胞が暴れる仕組み</h3>

 

 

・がん細胞には、検査では発見できないまだ、ミクロの細胞が眠っており、眠っている細胞は大きな刺激がなければそのままののですが、ある状態でも起きてしまいます。それは、良かれと思ってする、手術です。

手術は、よくしようと思ってする行為ですが、身体にとっては怪我との区別がつかず、大量の出血により、眠っていたがん細胞が暴れだす危険性が非常に高いと言えます。

メスが入った傷あとでがん細胞が暴れる現象、直接にはメスが入らなかった臓器でがん細胞が暴れることなど、休眠がん細胞の分裂を開始する合図んなっています。切った部分を正常に戻すために白血球が大活躍します。白血球から、成長因子や増殖因子などと呼ばれる物質が分泌され、組織の正常細胞が活発に分裂を始めます。そして、血液に乗って、全身に回るので、結果、どの部位に転移してもおかしくない状態にさらされます。

 

 

 

<h3>セカンドオピニオンの重要性</h3>

 

 

 

・私たちパーソナルトレーナーも医者も、整体師も一番大事なのは、今どうなっているか、何が起こっておるのかを見極める、初検診であり、この時点でみ誤りがある場合には、その後の全てに狂いがしょうじてしまいます。そのため、初検診の段階での評価がポイントになります。そのため、一人の医者の判断に頼るのではなく、タイプの違う先生の意見を聞くことが、本当の原因を知ることができ、ここの判断はより正確にすることが自分の身体を守ることにつながります。

 

 

パーソナルトレーナーお医者様に比べれが、全然知識は乏しいと思いますが、私たちはレントゲンを撮ったり、血液をとり、その数値から判断することはが出来ないため、より動き方、筋肉の状態、見て感じる力を育てておりお医者様では気づけないことを気づ