パーソナルトレーニングジム BEACH BODY

乳酸についてBEACH BODYが説明

<h3>ダイエットにも必要・・乳酸の意味を BEACH BODYが読み解く</h3>

 

 

 

・運動、ダイエットに取り組まれている方でしたら一回は聞いたことあるフレーズ乳酸。この言葉は聞いたことあるが詳しくわ知らない方のために、少し詳しくは愛知県名古屋市東区葵のパーソナルトレーニングジム BEAH BODY(ビーチボディ)のパーソナルトレーナーがお伝え致します。

 

乳酸とは疲労物質です。

人間のエネルギー源である糖質はブドウ糖へと分解され、やがてATP(アデノシン三リン酸)といったものに変換されます。このATPこそ、生命エネルギーの元であります。植物も動物もこの ATPエネルギーを使って活動しています。ですが、ブドウ糖が分解されるさい、 ATPと同様に作り出されるのが乳酸です。

乳酸=疲労物質と言われるわけです。血中乳酸濃度が増えたときに、疲労を感じることが多いので、あくまでも疲労の目安として、乳酸は疲労物質と呼ばれております。

 

 

乳酸とは、体を動かすエネルギーを作るため糖を分解している際にできる生成物です。短距離やダッシュなど短時間で高強度の運動では乳酸がたまりやすいと言われています。その理由は、運動エネルギー源として糖が多く使われているからと言えます。愛知県名古屋市東区葵のパーソナルトレーニングジム BEAH BODY(ビーチボディ)のパーソナルトレーナーが説明した通り、乳酸は悪者ではなく、乳酸はミトコンドリアを通し、エネルギー源として再利用されます。

 

 

<h3>乳酸の誤解をBEACH BODY のトレーナーが解説</h3>

 

 

 

・よく日常生活において乳酸が溜まって疲れた・・と聞くことがありますが、日常生活で乳酸がたまるということはほとんどありません。逆に長時間労働で乳さんが溜まっていくい一方、乳酸は徐々に減っていくという研究結果も出ています。

 

運動後に起こる筋肉痛や、筋肉の張りの原因が乳酸であるという説も間違いだと思います。少し前は、運動で乳酸が溜まって筋肉が酸性に傾くから筋肉が硬くなり筋肉痛が起こると言われていましたが、しかし、愛知県名古屋市東区葵のパーソナルトレーニングジム BEAH BODY(ビーチボディ)のパーソナルトレーナーは乳酸は短時間で新しいエネルギー源として活用され消えていくといくことがわかっており、長時間にわたって乳酸がたまり続けることはないことがわかっていきました。

 

最近では、乳酸が多く造られることで乳酸の生成過程で発生する水素イオンの影響により身体が少し酸性に傾くことにより、エネルギー源の筋グリコーゲンの蓄えが少なくなることが筋肉疲労の原因と言われています。

 

愛知県名古屋市東区葵のパーソナルトレーニングジム BEAH BODY(ビーチボディ)のパーソナルトレーナーは筋肉の疲労回復を促すためには血液循環をよくすることが重要なため、マッサージ、ストレッチをトレーニング後に行うようにしております。