人工甘味料危険 BEACH BODY 名古屋パーソナルトレーニング

・人工甘味料はかなり危険

 

炭酸ジュースやゼロカロリードリンクが巷では流行ってきていますが、この人工甘味料を大量に使った商品についてコメントしたいと思います。 BEACH BODYは世間ではさも健康そうに語られているゼロカロリードリンクについてもっとも注意が必要と考えています。カロリーがゼロということでさまダイエットに良いとされがち、考えがちですがゼロカロリーにするために大量の人工甘味料を使っており結果、腸内細菌の悪化、グリセロールの吸収の阻害など体に対して悪い影響しかありません。

 

 

人工甘味料はまさしく人口的に作られた甘み成分であり、地球上にはなかった成分を人口的に作ったものであり、特徴としては砂糖やショ糖では作れない高い甘味です。合成甘味料はショ糖より最大で13000倍の甘みを発揮する成分もあります。

 

 

・スクラロースの特徴

 

スクラロースは合成甘味料の仲間で、イギリスで生まれたものです。甘みはショ糖の600倍とも言われており、お菓子屋やデザートにも使われており、まろやかな口当たりが特徴です。スクラロースはたくさんの有名な機関からも認められており、WHO 世界保健機関からも食品に使用しても良い成分だと認められております。ただ、注意しなくてはいけないてんは、人口的に作られたスクラロースは化学式だけを見れば農薬やダイオキシンなどと同じであり、有機塩素化合物に分類されます。

 

 

・アセスルファムカリウムの特徴

 

アセスルファムカリウムは他の合成甘味料と混ぜ合わせて使われ事が多い成分です。ショ糖の200倍の甘さを持っており、ですが口の中にのこりにくい甘さが特徴です。そのため、ゼロカロリードリンクやダイエット食品に使われる事が多くあります。風味をよくする効果もあるため、コーヒーや紅茶にも使われる事があります。

 

・エリスリトールの特徴

 

エリスリトールは糖アルコールの仲間で、かなりの安全性は認められております。砂糖よりも少ない甘さでその濃度は70パーセントほどと言われており、エリスリトールだけは唯一カロリーゼロの貴重な成分です。

 

・サッカリンの特徴

 

サッカリンはショ糖の700倍ほどの甘みを出す事ができ、実質のカロリーはゼロです。水に解けない性質のため、加工食品によく使われます。ですが1977年ごろには発がん性の危険があるとされ使用禁止されていました。

 

・アスパルテームの特徴

 

 

アスパルテームはダイエット食品やお菓子によく使われており、飲料にも使われております。発見されたのはアメリカですが、現在の形に作り変えたのは日本の企業であり、馴染みのあります、味の素が特許を持っています。他の人工甘味料と違いアスパルテームは厳重に気をつけなければいけない危険性があります。実はアスパルテームに含まれているフェルニアラニンを、体の中で代謝させる事ができないフェルケトン尿症という病気があります。また、アレルギー、心疾患、不眠症、認知症、肝障害などたくさんの副作用が考えられます。