最新の科学でダイエット 名古屋パーソナルトレーニング  BEACH BODY

<h3>最新の科学でダイエットで最も結果を出すのは脳をコントロールできた方</h3>

 

 

 

・ダイエットを脳科学の観点から見て、取り組む方法が最も結果を出せることがわかってきました。ダイエットを考えるとき、その方の今までの生活習慣、性格、考え方、物の捉え方、思考のくせ、など様々な脳の要因が結果をさす方と結果を出せないかたに分かれます。ダイエットに取り組む祭、今までの思考を変えなければ成功しないことを理解すること、また、思考さえうまく変化させれれば、ダイエットは成功したも同然だと言えると思います。

 

新体操の日本代表チームでは、メンタルトレーニングを取り入れ、世界大会で銅メダルをとり結果を残している事実もあります。ここでのメンタルトレーニングでは、バトンを落とさないように、バトンだけを見て取らなきゃと意識を向けるより、バトンを受け取るとき数を数えることによって、意識を数に向けることにより、落としたらどうしようといった不安を解消したそうです。

ここでの意識の向き方、何にフォーカスしているかは、競技者にとって結果に左右する重要な要因になります。競技中にこのフォーカスを正しくコントロールさえできれば、持っている力を発揮でき、求めている結果も出てくることがわかってきました。

 

オリンピックのメメダリストを必ず出しているトレーナーの中には、この部分を練習全体、生活全体に取り入れ、練習よりも地域貢献、社会活動させることにより、応援してもらえる人柄を作りあげていくといって見えました。

選手としてはオリンピックで結果を出すために、もっと練習時間が欲しいと思っている時期に、あえて社会貢献に時間を使うように指示するトレーナーは、最後の最後、試合中での結果をかけた試合で自分がメダルを取りたい、メダルを取る取るんだというメンタリティでは、緊張をうみ力を発揮できないことを知っており、その土壇場の時に応援してくださった方のために、コーチ、チームのためにと、自分以外の人のために頑張るというメンタリティに持っていけるかどうかが、結果メダルを取れるか取れないかを分けることを知っているめ、練習よりも社会貢献、もっと噛み砕けばメンタルコントロールを優先させることこそ重要視していました。

どうしても結果を左右する場面では、緊張し本来の力を出せない方が負けであり、極限の状態でも結果を出していくには、矛盾しているようですが、自分のため、自分の成功を思うより、誰かのために・・という気持ちが根底から思えれるか、そう思うような思考を作りあげているかが勝負の世界では大事だと思いました。

 

 

フィジカルの強化、専門技術の強化、そして、メンタル=脳のコントロールを身につけることが結果を出していくために必要であり、これからますますこの脳のコントロールに対しての向上が鍵を握ってくると思いました。