最高の指導とは

・最高の指導とはバカになること

 

 

指導者、、コーチ、パーソナルトレーナーにとって選手に的確に考え方を伝え、やるべき事を伝えるにはどのような指導方法が良いのか、多くの指導者が悩み考えていると思います。そこで、名古屋パーソナルトレーニングジム BEACH BODYの考え方をお話したいと思います。BEACH BODYでは、指導するさいもっとも大切にしていることは、馬鹿になることであり、もっと言葉を変えるとユーモアが大切と考えています。私たちパーソナルトレーナーという役割、選手との距離感だから言えることかもしれませんが、選手は日々プレッシャーを受け、精神的にも負荷を感じており、そこで上からの指導のされ方によって大きく受け取る側に理解の仕方は変わってきてしまいます。本来、結果を出して欲しい思いからの指導であるのに、選手にとってはストレスとなり、浸透しない指導は全く意味がなく、むしろ害となるとも考えております。 BEACH BODYがバカになることの中に必要な要点を盛り込み、それをトレーナーの中で評価、検証して、次に何を伝えるかを決めれば良いと考えております。また、バカになるという考え方の中には、基本姿勢として、明るく、楽しく、元気よく、上機嫌で、ワクワクして接することをベースとし、さらにバカになって笑いが起き、笑顔にすることわ大切にしています。選手の様子を見ていますと楽しく会話し、バカになったあとはお互いにギアが上がりやすく、結果時間的効率を見ても意味が高いトレーニングができているケースが多くありました。

 

 

 

・最高の栄養について

 

 

食事、栄養に関しても BEACH BODYの考え方では、食品の栄養学、栄養素などのデータを大切にするのではなく、心の栄養も考え、アドバイスしております。世間で言われている体に悪い食べ物は時として心をリラックスさせてくれる意味愛が強く、悪い食べ物だから満足できるといっためんもあります。人間は真面目より、少し不謹慎なことを考えていた時の方が良いように、真面目ジメジメであり、真面目に食事をコントロールすること方がよくないと考えております。日本で結果を残しているアスリートの中にも食事内容を聞いていますと、お菓子が大好きだったり、まい日同じものを食べているといったケースもあり、心と体のバランスを見て自分なりの食事方がベストであり、他の方の真似をしたり、栄養学をきにする必要制性はないと考えております。