最強の健康法

・最強の健康法あります。

 

健康に対して意識が高まっている現在、健康に対する番組が増えたテレビ、メディアの情報、YouTubeSNS情報、健康食品など、多くの方が目にする情報が増えてはきました。情報過多の現在、必要な情報かどうか見抜く力が必要になってきました。

 

これまで色々な健康法、手法が行われてきました。名古屋パーソナルトレーニングでは、最高の健康方は食べすぎない事と定義しております。自分自身の食事の量をコントロールする事で、確実に健康へと導いて行きます。過去の文明からもわかります様に人類の大半は飢餓の歴史があり、ホルモンの働きからもわかるのはドーパミンやアドレナリンといった活動を促すホルモンはいくつも存在するのに、抑えるホルモンはインスリンの一つしかありません。また、腸のながさは7メートル以上あり、多くの食品をとっている方は常に未消化の食品が腸の中にあり、これが血液を汚し、さらに老廃物の排泄もうまくいかず、体内に溜まって行きます。ここからもわかる様に、今の食生活を変える必要があり、簡単なところでは朝食は抜いたほうがいいと考え垂れます。お腹が空いているとき、体内の中では赤血球もお腹をすかしており、体内の異物、悪いものを食べてくれます。この流れが自然であり、良い体のサイクルと言えます。

食べすぎている場合は腸の中の血液の流れが悪くなってしまうため、腸の壁に老廃物を貼り付け、血液の通り道を確保しようとします。しかし、壁に老廃物をハリつずけることによって血液の通り道は狭くなり、今度は血圧をあげ、勢いよく血液を流すよになり、高血圧となる場合が多いです。

 

最強の健康法は、食べないこと少食にする事、栄養にのあるものを食べるこ、運動すこと、感謝する事、であります。

 

・便の状態から腸の状態を察する

 

 

便の状態から今の健康状態を察することは可能です。便は腸の状態を表し、もっと言えば血液の状態を表ています。そのため、便の状態が健康のバロメーターであ理、その状態をみて今の食生活、習慣、生活環境など見直し、常に修正、改善を行って行くことが健康のちかみちであり、結局は毎日が勝負であり、毎日の習慣が未来の健康を作っております。そのため、日々食べるものを吟味し、基本は食べすぎないことこそ健康には大切だとわかってきました。栄養過多の現代に置いて、腸を汚す要素は非常に多く、腸をよくすること、結果血液が綺麗になり、細胞が元気になり、正常に体が反応する。このサイクルを作り、継続させることが健康に繋がります。名古屋パーソナルジム BEACH BODYUでは断食も行っております。