筋トレは最高の自己投資

・もっとも効果的で意味が高い、筋トレこそ自己投資

 

健康は誰もが欲しいものであり、ずっと健康的な生活ができることこそ成功と言えると思います。特に筋肉トレーニングは最高の自己投資であり、やったことが全て将来の自分を助けてくれます。自己投資と言う考え方は、将来を予測し、少し先を読む力があれば誰でもわかることです。将来の準備としてトレーニングを始めることは、非常に価値があり、やっておいたことによってのリターンは必ず受け取れます。健康は一日一日の積み重ねであり、今日やったことが将来のあなたの生活、質を決めています。50代に入り、仕事も家庭も一番忙しいときだからこそ、実はやっておく必要があります。60代で始めた方よりやはり10年早い50代からの筋トレをオススメいたします。名古屋市東区葵のパーソナルジム BEACH BODYでは年代別の動きの特徴を把握しており、やはり50代あたりから、体は硬くなり、筋肉は落ち、反応も悪くなっていきます。ですので、ちょうどこの辺りがターニングポイントであり、分岐点のように感じます。やるかやらないかは本人次第ですが、私、個人の意見としては、やって置かないとひどいことになると危惧しております。

 

50代からでも筋肉はつくのか

 

よくある質問として、年齢が行ってからでも筋肉はつくのか・・と言われますが、私は正しくやればちゃんとつくと断言できます。特に50代ぐらいであれば、なんの問題もなく筋肉はついてきます。体が正直であり、機能低下している部位は確実にあります。しかし、そんなネガティブなことはきにせず、絶対に筋肉をつけると取り組んで行くことこそ大切になってきます。

 

 

50代にオススメのトレーニングは、有酸素運動と無酸素運動とをミックスして鍛えて行くことが大切になってきます。やはり、50代は心肺機能もいちじるしく低下しているため、有酸素種目もミックスして少し心拍数が上がる動きを入れていくことも大切だと感じております。筋肉は確実にあなたの将来を助けてくれます。特に筋肉は歩行、姿勢、生活全般、感情など様々な臓器と密接に関わっているため、筋肉を鍛えることは将来の転倒、病気、怪我のリスクを確実に減らしてくれます。筋肉はどれだけついているのか、どれだけ減ってしまったのかわかりにくいため、危機感を感じにくいのだと思います。危機感を感じとるためには、未来を想像し、理想の健康状態を想像し、周りを見れば自ずと見えてくると思います。