身体に軸を持ってトレーニンングしましょう

・身体に軸を作って筋トレをしよう

 

何かのスポーツの為に筋トレをされている方は特に、体を作る過程がその競技に直結していないと意味が薄くなってしまいます。ですので、筋トレをただ体を作る工程、筋肉を増やす工程と思わず、体の機能レベルを上げる為に、筋トレを行いながら競技スキルが上がるように取り組むことによって効率的に筋肉を鍛えながら、神経系のトレーニングにもなる為、もっとも筋トレを行う意味が大きいと言えます。また、目には見えない軸を感じながら鍛えることをオススメいたします。

軸とは体の身体意識の中で感じ取ること、意識して作るものであり、軸を無視した筋トレではただの筋肉トレーニングであり、競技せいを高める筋肉はつきません。筋肉にはいくつもの種類、質がありそれは大きさ、太さ、では全く表すことはできず、これこそが筋肉の奥の深さと言えます。筋肉を量だけで捉えて見える方は、トレーニングの時も重さにこだわりトレーニングする傾向にあり、多くの選手は筋トレを行いながらパフオーマンスが落ちたことを経験されたことがあり本末転倒になってしまった方もいます。

筋トレは神経系のトレーニングが同時に行われていなければ意味がないと言う事がポイントと言えます。その中で、ハイパワーのトレーニング、全身を連動して使う事を意識するだけで、筋トレの効果はめちゃアップします。

 

・効果的に鍛える為には同じ種目を繰り返す事

 

 

筋トレで効果をだす秘訣は、間違いなく地味ですが同じ種目を繰り返し、繰り返し反復する事であり、その中で初めはマシンになれ、ダンベルになれ、そして自分自身の筋肉を感じ取れるようになります。ですがこれでやっとスタートと言えます。そのさきの感覚を身に着ける事こそ筋トレの意味、価値が出てくる部分です。それは同じ種目を繰り返すことにより、筋肉の伸び、関節の使い方、呼吸の仕方、軸、強弱など、トレーニングを行えば行うほど、体の感覚がどんどん目覚めてきます。この新しい感覚をゲットすることこそ、身体レベルがアップした瞬間であり、競技を行った時、出来なかった種目が出来るようになる可能性をぐんと引き上げてくれると言えます。競技を練習しても身につかない時は、そもそもの自分自身の身体意識レベルが限界にきていると考えられ、そのような場合は筋トレを行うことによって、身体レベルの底上げを行うことこそ近道と考えられます。筋肉、神経の流れ、連携を最高にスムーズにすることこそ近道です。名古屋市東区葵のパーソナルトレーニングジム BEACH BODYは体の使いかたをお伝えいたします。